YASUHIRO WATANABE

頑張る人のための飽きない会社

「飽きない会社」、毎日の仕事が刺激になる

前職も同じ業界にいた私は、その知識や技術、経験を少しでも活かしたいと思いトーキンに入社しようと思いました。現在は機械グループで、プログラミングによる自動運転での加工やシュミーションを担当しています。トーキンの仕事は流れ作業ではなく、毎日違ったものを加工するので試行錯誤して仕上がりがうまくいったときは何よりも嬉しく、次への原動力になっています。 トーキンを一言で表現するなら「飽きない会社」。仕事、会社の行事、先輩や同僚、後輩との交流など、すべてが自分の成長につながることばかりです。自分を高めたい方はぜひ、トーキンに入社してください!

若手が活躍できる、育成と環境つくり

入社したての頃「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」と先輩にアドバイスされたことを覚えています。この言葉をおまじないのようにつぶやいていたら、色々な壁を乗り越えることができました。トーキンも若手が増え明るい雰囲気になってきたので、今後は育成に力を入れてもっと若手が活躍できるような環境つくりをしていきたいと思うようになりました。若手であっても色々な業務を、裁量を持ちながら挑戦してもらい、壁に当たった時は一緒に乗り越えられるようにサポートをしていきたいです。

休日はしっかり休んで、仕事の質を高めていく

学校を卒業するまでずっとバレーボールをやっていました。社会人でも続けたいと思っていましたが前職では通期時間や住んでいた場所の関係でなかなかバレーボールをする時間が取れませんでした。トーキンでは週休2日で通勤時間が短くなったので趣味の時間を取り安くなりました。休みの日は妻とバレーボールをしたり、ジムで体を鍛えたりと休日でもしっかり体を動かして健康に働けるのはとても嬉しいです。またバレーボール仲間や社外の人と話をすることで自分の知見を広げたりすることで様々な視点を持って仕事をすることができます。