YAMAMOTO TOSHIKI

新卒入社、トーキンで知った働く魅力

トーキンにしかない仕事とその魅力

今は機械グループの一員として頑張っています!トーキンの仕事は量産物よりも一品物を作ることが多く、プログラミングを作成したり、機械でのシュミレーションをしたりと、その都度考えることが多いです。私は飽き性ですぐに物事に飽きてしまうのですが、トーキンの仕事は毎日違ったことができるのですごく満足しています。 また、ほとんどの業務は1日~3日ほどかけて行うので、仕事が終わった後、お風呂に入りながら明日はどんな仕事をするか考えていると寝る時間になっていることもしばしばあります。毎日自分が成長できている実感を持てるから、没頭して仕事ができる。それがトーキンの魅力だと思います。

新卒で新潟県からトーキンへUターン入社した理由

私はもともと新潟県出身で、就職をする際に広島県に引っ越してきました。新潟県とトーキンのある広島県では早くても6時間くらい掛かります。それでもトーキンに就職したかった理由は大手にも引けを取らない設備があることと、職場見学会で社員の皆さんが学生の私にも屈託なく接してくれたことが嬉しかったからです。 実際に働いてみると大変なこともありましたが、今ではカープファンとして職場のみんなと試合を見に行ったり、休みの日は「厳島神社」や「尾野の坂道」といった観光地に車で遊びに行ったりとプライベートも充実しています。

みんなから信頼される人材へ

入社したときは、右も左もわからない状況で、機械の操作方法やプログラミングの方法など先輩たちに教えてもらうことばかりでした。最近は後輩に教えることが増えてきたり、新しい仕事を任せてもらったりすることが増えてきたので、より中核の人材として信頼されるように頑張っていきたいです。 トーキンでは責任ある仕事とは信頼される人に任せられるので、まずはすべての機械を扱うことができるようになり、毎日の仕事を丁寧にひとつひとつ頑張っていきたいと思います。